サイコムでパソコンを買った

BTOショップサイコムさんでパソコンを買い直しました。 前のマシンもサイコムで買ったのですが、約8年たってとうとう電源が突然切れたりするようになってしまった。 今回の構成はこんなカンジ ================================================ Radiant GZ2600X370A …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

塩川桐子『差配さん』単行本

comic乱2013年から2017年まで断続的に掲載された『差配さん』シリーズ8作が収録されています。合間に掲載された「侠(きゃん)」と「ふきちゃん」は収録されず。 表紙は2重に意表をつかれました。 今まで作品は浮世絵のキャラがマンガになったという主に絵柄で話題になっていたので、今回もてっきり「ふしあな」のようなイラストをイメー…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

マイ3DプリンターでSappho trimmed

一ヶ月以上前からマイ3Dプリンターidboxでx軸が脱調するようになった。 原因はステッピングモーターに取り付けてあるギアのイモネジが緩んでいたことだったが、なかなか気づかなくてガントリー、ロッド廻りをいろいろ調整しました。 直った確認にSappho trimmedを5倍にしてプリント 積層0.1 infill 10% …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電子ノートWG-S20のカバーを作った

3Dプリンタとかレザークラフトを始めたら使う頻度の増えたシャープの電子ノートのカバーをヌメ革で作ってみました。 とりあえず分解。ペンホルダーとカバーを止めてある樹脂を横方向に外して計9個のネジをとる。本体と裏カバーを止めてるツメ(赤丸部分)がむちゃくちゃ取りにくい...。 カバーは1.5ミリの革を、ペンホルダーは1ミリの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鷹ノ巣山(段戸山)・岩岳

4月3日に鷹ノ巣山(段戸山)と岩岳に登ってきました。 駒ヶ原山荘近く道路の路肩に車を止めて出発。 こまがはらはしを渡るとすぐに登山口 看板は旧名の段戸山 途中笹が山道を覆っているところもあるけど、何事もなく山頂へ。 前回登ったときは山道以外笹だらけだったが、山頂の笹はキレイに刈り取られてました 下山方面に下ろうと行く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レザークラフトをやってみた

ディアゴスティーニの3Dプリンタが完成したら、なんだかこの1年間ちょびちょびとモノを作っている時間はなかなかいいものだったと思えてきた。 なので何か趣味を増やそうとちょっと考えたけど、プラモデルとかは物を飾る習慣がないので却下。電子キットは日暮れて道遠し。 で、レザークラフト始めることにしました。 クラフト社の入門キットを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩巣山

3月21日に岩巣山に登ってきました。桜が開花したというのでタムシバも咲いているのでは思いまして 前回は岩屋堂公園から登ったので今回は白岩の里から 車は363号沿い、環状自動車道の下にゴミ収集場の脇に止めた。 ゴミ収集場の脇道から下っていけば民家の犬に吠えられることもないです 363号を東に登っていくと白岩町のバス停。この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バーベイタムのフィラメント

先入れ先出しのできる単3電池ホルダー。 ディアゴスティーニで買ったバーベイタムのフィラメントで出力しました。@マイ3Dプリンター これをプリントするまでに3回エアープリントがあった...。 どうもプリントを始めるとわりかし早くにフィラメントが送られなくなってしまう。しかも熱がこもるせいかガイドチューブが膨張して?抜けなくな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイ3DプリンターでSappho's Head

何度か造形したけどうまくいかないと、他のモデルを探していたらスライサーslic3rに最適化したモデルがあったので再度挑戦。 Sapphos Head half size tilted back 5degrees slic3r friendly 積層は0.2mmで送り速度とか遅くしてみたけど、オーバハングの顔下半分が厳しい...。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイ3Dプリンター完成

ディアゴスティーニの「マイ3Dプリンター」を始めて1年ちょっとやっと完成して動かすことができた。 最後の調整とかにいろいろ時間がかかったせいかなめらかに動き出したときは感動 喜んでいろいろプリントしようと思ったけど、ちょっと凝ったものはプリントに6時間以上かかるようなものばかり。 調整も手間だし、一般に普及するのはまだまだかか…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

本宮山 御来光

正月に本宮山に登るようになって3年目。今年は御来光にチャレンジしてみました。 本宮の湯横の手取山公園についたのが5:20。まだ真っ暗でヘッドライトをつけて登り始める。 以前恵那山を前宮ルートで登ったときも暗くてヘッドライトを使用したが、熊・イノシシが出たらなんてビビってなかなか登るのに躊躇した。 本宮山では人も多いのですんなり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

塩川桐子『灯-ともしび-』

COMIC乱 二月号に塩川桐子『灯』10ページが掲載されてきます。 差配さんシリーズ第7弾。 徳市は按摩で生活をしていたが、按摩はうまいが特殊な能力のため得意先を逃すこともあったし、差別のためつらい目にあうことも多かった。 つらいながらも日々やっていけるのは...。 按摩で徳市というのは映画「山のあなた 徳市の恋」の影響…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

塩川桐子『雨後の晴色』

久々にCOMIC乱 九月号に塩川桐子『雨後の晴色』22ページが掲載されてきます。 差配さんシリーズ第6弾。 オヤジは最近娘おみつに悪い虫のついてるのを心配。娘にふさわしい婿を探して金持ち、力持ちの男を探すがどうもしっくりこない。そこに差配さんがあらわれて...。 1年後に1095粒、トータルで20万粒、3升くらいでしょうか…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

下呂御前山

7月20日に下呂市の御前山に行ってきました。 悪路とのことで水洞平広場に車を置いて、登山口まで歩いていきました。 でも砂利道が2カ所あるくらいで全然悪路じゃない。登山口まで約20分。 林道終点。 10分ほど歩くと渓流と苔むした岩と木橋。頂上付近までずっとこんなカンジ。岩は滑りやすく、登り下りに苦労しました。 高所恐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

駒ヶ岳・神山

4月30日に箱根連山の駒ヶ岳・神山を歩いてきました。 5月4日から現在までこのコースは立入禁止となっています。 駒ヶ岳ロープウェイで上がって駒ヶ岳頂上駅へ。 頂上駅からの眺望 頂上にある箱根元神社へ向かう 山頂にある廃墟はなんなんでしょ。雲が多く、眺望はなし。 想像以上に寒かった。 頂上駅に戻って神山に向か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風頭山から本宮山

3月15日に風頭山から本宮山まで歩いていきました。 以前、風頭山であった人がこれから本宮山に行くと言うのを聞いて、そのうちチャレンジしたいと思ってました。 風頭山登山口 風頭山山頂からの眺望。イワカガミの花はまだまだですね 三角点のある大日山にはどなたか本宮山までの所要時間が書いてくれてる 杉林の中、思ったより…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

塩川桐子『約束』

COMIC乱 三月号に塩川桐子『約束』24ページが掲載されてきます。 差配さんシリーズ第5弾。 差配さんはある約束のためちんぴら銀次が手に入れたものを持って、ある人に会いにいこうとする。でも捨て子がいたり、通うせんぼするじいさんがいたり...。 ちょっと悲しくてほのぼするお話し。 前回『初夏のできごと』の作品、季節外れだ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

塩川桐子『初夏のできごと』

COMIC乱十二月号に塩川桐子『初夏のできごと』16ページが掲載されてきます。 差配さんシリーズ第4弾。 ちんぴら銀次は最近おそのがつれなくなったのを嘆いていて、それを見た差配さんはおそののところへ様子を見に行く...。 ほのぼのストーリーだけど、なんかタイトルからオチまで季節外れの感が(^^;。 作者はそういうのに気を…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

暗黒神話 完全版 餓鬼の章(一)国東編

画楽.mag vol.3を買いました。 本編以外に庵野秀明との対談と大神美弥の書き下ろしピンナップがついてます。 庵野監督との対談ではこの完全版で一章増えるとのこと。(一)国東編がついているので餓鬼の章の分量が増えるんでしょうけど、餓鬼の調伏は地獄の章でやるでしょうし、比叡山側の記述が増えるのかな? 前号からの新キャラの名前が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暗黒神話 完全版 阿修羅の章

画楽.mag vol.2を買いました。 前号の次号予告のとおり慈空上人が壮年の僧侶に代わっており、菊地家の様子や菊地彦と武の古墳巡りのあたりが加筆されてる。 特に菊地家では"大梵天和讃"という新たなフレーズが。 南無不可思議の導きは すは大黒天に始まりて 暗き穴より盲冥の 道指し照らす光あり 無明の闇を行く旅は …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more